SummaryI▫TOP横浜とは

I▫TOP横浜は、業種や企業規模の枠組みを超えて、
IoTビジネスを目指すプレーヤーの「連携」を実践する場です。

今こそ「I▫TOP横浜」へ

横浜市内には、製造業 約6,000社、IT産業 約3,000事業所があります。
横浜経済の強みである「ものづくり・IT産業の集積」を活かして、
IoT等(※脚注1)を活用したビジネスに向けた、交流、連携、プロジェクトの推進、人材育成の場となる
「IoTオープンイノベーショントナーズ(I▫TOP横浜(※脚注2))」を立ち上げました。
多様な企業・団体が参加することで、個別プロジェクトの実施とマッチングを行い、
新ビジネスの創出や社会課題の解決、中小企業の生産性向上、チャレンジ支援を行います。

脚注1IoT等:IoTに関連して技術革新が進む、ビッグデータ解析、AI(人工知能)、ロボット等の技術の総称として用いています。

脚注2I▫TOP横浜:経済産業省が進める「地方版IoT推進ラボ」に参画しており、経済産業省の推進するプログラムを活用しています。

Requirements参加要件

IoTでビジネスチャンスを

  1. IoT等を活用してオープンイノベーションにより新たな製品・サービス開発に取り組める企業・大学・団体(業種・規模は問いません)。
  2. 取り組む活動に、中小企業が参画している、または参画できる可能性のあること。
  3. 参画(エントリー)は無料ですが、個別のセミナー等は有料の場合があります。

プロジェクト創出とビジネス化への流れ

  • プロジェクト提案会
  • 提案
  • 展示会
  • 情報提供
  • 人材育成
  • セミナー

マッチング

新ビジネス創出、課題解決に向けた企業・大学・団体のマッチングを行います。

  • 課題
  • 発想
  • 技術

マッチング

  • 課題解決
  • 新ビジネス創出
  • 拡販

スタートアップ支援

個別プロジェクト

ビジネス化
(SBIR設備投資支援等)

MembersIoTビジネスを目指すプレーヤーを募集しています。

「I▫TOP横浜」参画メンバー

323社・団体

ContactIoT導入活用に関するご相談、
全般的なお問い合わせはこちらから。