御社工場の見える化からデータ集積/連携を簡単に実現

シーズ

コロナショックが世界構造を一変させてしまうだろうと言われている現在、日本の中小企業がこれからも生き残っていくには、これまで以上にIT/IoT/AIなどを活用した新しい経営が必要になってきており、具体的には今まで言われてきたQCDの向上だけではなく、新しい生産体制の構築や市場ニーズに合わせた柔軟な製品の提供、働き方改革などが求められております。
それらを実現していくために必要な取り組みとして、コロナショック以前より、経済産業省ではデジタルトランスフォーメション(DX)の推進をおこなっていて、製造業においてその基礎技術となるのが、工場へのIoTの導入です。DXの推進は、実際は大掛かりで難しい作業となりますが、弊社のZETAを活用したソリューションを使って頂くと簡単にIoTを導入することができ、スマートファクトリーを実現することができます。

備考

スマートファクトリーとは、IT技術を使って「コストダウン」「生産性アップ」「品質の向上」を実現する工場のことで、実現に必要なステップは以下で実現することで、従来よりも低コストで高品質な製品を提供できるようになります。
・IoTでデータを集める
・集めたデータをクラウドに蓄積させる
・そのデータをAI(人工知能)で分析する
・分析データを活用して現場の改善を行う

会社情報

企業・団体名 アイティアクセス

この企業へのご商談のお申し込み、お見積もり依頼などはメールにて受け付けております。

ContactIoT導入活用に関するご相談、
全般的なお問い合わせはこちらから。