林市長も出席 ~指定都市市長会シンポジウム AI・IoT・ビッグデータ時代の新たな指定都市~

イベント

2019年03月12日

現代は経済発展が進む一方で、人口減少に伴う労働力不足やインフラ施設の維持更新、環境問題など、持続可能な社会に向けて解決すべき社会的課題が複雑化しています。
経済発展と社会的課題解決の両立のためには「Society5.0 の実現」が必要であり、圏域全体の活性化や発展を牽引する指定都市には、その実現に向けた取組を推進することにより社会や市民の生活を向上させることが求められています。指定都市市長会では、「Society5.0 の実現において担う役割」や「ICT活用の意義」などについて分かりやすくお伝えするため、シンポジウムを開催します。

日 時: 平成31年3月12 日(火) 13 時30 分開演(13 時開場)
場 所: 東京大学伊藤国際学術研究センター 伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7丁目3-1)
定 員: 450 名(参加無料・事前申込制)
プログラム:
13:30~ 開会挨拶 林 文子 指定都市市長会会長・横浜市長
13:40~ 第1部:講演・事例発表
【講演】東京大学大学院 情報学環・学際情報学府教授 須藤 修 氏
【事例紹介】東京大学 生産技術研究所 助教 伊藤 昌毅 氏

14:55~ 第2部:パネルディスカッション
「AI・IoT・ビッグデータ時代の新たな指定都市 ~Society5.0 の実現に向けて~」
林 文子 指定都市市長会会長・横浜市長
熊谷 俊人 指定都市市長会ICT政策担当・千葉市長
大森 雅夫 指定都市市長会まちづくり・産業・環境部会長・岡山市長

申込方法
参加ご希望の方は、下記URLをご参照の上、指定都市市長会シンポジウム事務局に直接お申込みをお願いします。
(3月8日(金)必着)

ContactIoT導入活用に関するご相談、
全般的なお問い合わせはこちらから。