【横浜市】全国初!TikTokとの連携協定締結 ショートムービープラットフォームを活用した新たな医療広報

IoT関連情報

その他

2019年08月09日

 横浜市では、市民の皆様に医療を「他人ごと」ではなく自分自身のことと捉えていただけるよう、民間企業等との連携による手法で医療広報を実施する「医療の視点」プロジェクトに取り組んでいます。
 この度、横浜市は、世界中で人気のショートムービープラットフォームTikTok(ティックトック)と、連携協定を締結しました。楽しみながら自然と医療の話題に接してもらい、興味・関心を持ってもらう試みをTikTokとのコラボレーションにより取り組みます。
 なお、TikTokと自治体との連携協定締結は医療分野に限らず、全国で初めてになります。

ContactIoT導入活用に関するご相談、
全般的なお問い合わせはこちらから。