I・TOP横浜「路線バス自動運転プロジェクト」 ~左近山団地内の公道で自動運転バスの試験走行を実施~

IoT関連情報

その他

2021年04月15日

 横浜市と相鉄バス㈱、群馬大学、日本モビリティ㈱は、IoT等による新ビジネス
創出を促進する「I・TOP横浜」の取組として、自動運転技術による持続可能な
モビリティサービスの実現を目指し、令和元年9月より「路線バス自動運転プロ
ジェクト」を推進しています。

2021年夏に予定している公道での自動運転バスによる営業運行に向けた準備を
目的に、横浜市の大規模団地再生モデル構築事業の対象団地のひとつである左近山
団地(横浜市旭区)において、大型バスを用いた試験走行を実施しました。

試験走行は、運転席に運転士を配置した自動運転「レベル2」で同区間を往復。
実際に使用しているバス停に正しく停車させ、システムの確認や、体験乗車の
感想などを調査しました。

今後もさまざまな実証実験を通じ、自動運転に関する社会受容性を向上させる
とともに、公共交通機関網強化の可能性を検証し、自動運転「レベル4」による
営業運転を目指します。


■横浜市記者発表資料
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/keizai/2021/0409jidou.html

────────────────────────────────────
○本件に関する問合せ先:横浜市経済局産業連携推進課
 e-mail:ke-sangyorenkei@city.yokohama.jp TEL:045-671-4600
────────────────────────────────────

ContactIoT導入活用に関するご相談、
全般的なお問い合わせはこちらから。