I・TOP横浜「わかりやすい字幕表示システム」横浜ラポールをフィールドに新たな実証実験を開始します

IoT関連情報

その他

2022年07月15日

「I・TOP横浜」では、IoTやAIなどの先端技術を活用した生産性向上や社会課題の解決への貢献、新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいます。令和3年11月2日から11月30日の間、中区役所高齢・障害支援課にて行った京セラ株式会社(以下京セラ)が開発した「わかりやすい字幕表示システム」の実証実験を踏まえ、それに続く実証実験を障害者スポーツ文化センター「横浜ラポール」にて実施します。今回は、同社がさらに改良を加えた同システムについて、ラポールの利用者や施設職員からフィードバックを受け、実装化に向けた更なる製品改良を行うことを目的として実施します。

詳細は以下のページからご確認ください。

ContactIoT導入活用に関するご相談、
全般的なお問い合わせはこちらから。