I・TOP 横浜 「インテリジェント・インターセクション」 交通流観測の実証実験をみなとみらい 21 地区にて開始します

IoT関連情報

その他

2022年07月20日

横浜市は「I・TOP横浜」を通じた実証実験⽀援を⾏うことで、IoT やAI などの先端技術を活⽤した⽣産性向上や社会課題の解決への貢献、新たなビジネスモデルの創出に取り組んでいます。
このたび、「I・TOP横浜」の取組として、コンチネンタル・オートモーティブ株式会社が、交差点内に交通流観測⽤センサー(レーダー・カメラ)を設置し、そこで得られたデータを解析する「インテリジェント・インターセクション」の実証実験をみなとみらい21 地区で⾏います。
将来的に、解析されたデータに基づき、センサーと連動した光・⾳声デバイス等を通じて歩⾏者や⾞両に危険を知らせることができれば、歩⾏者や⾞両の安全性が⾼まり、市内の交差点部における交通事故を減少させることが期待できます。

詳細は以下のページからご確認ください。

ContactIoT導入活用に関するご相談、
全般的なお問い合わせはこちらから。